居住スペースを減らす減築で安全を確保

聞き慣れない言葉かと思いますが、居住スペースの面積を減らす“減築”は、高齢化社会に対応するリフォーム方法として、いま脚光を浴びつつあります。

高齢者にとって、階段の上り下りは大きな負担です。それを無くすため、お子さんが独立して空き部屋になるようであれば、2階建てを平屋に減築することが非常に効果的です。

玄関階での生活による事故の未然防止、さらに居住スペースがコンパクトになることによって掃除が楽になるなど、さまざまな派生効果が期待できます。

身体への負担を軽減する、水回りの洋式化

高齢者にとって、トイレや浴室設備の使いにくさがストレスとなって、生活に支障をきたすことが少なくありません。それを解消する水回りのリフォームは、和式から洋式に変更するのがポイントとなります。

トイレが和式から洋式になることで足腰への負担が軽減されるのはもちろん、浴槽も、深くてまたぎにくい和風浴槽から浅めの和洋折衷浴槽へのリフォームが効果大。浅めの浴槽は、肩まで浸かるタイプの和風浴槽よりも心臓への負担が軽減されるなど、うれしい効果が期待できます。

利用回数の多いトイレがバリアフリーのポイント

頻繁に利用する場所であるトイレは、バリアフリーリフォームの重要なポイントです。とくに高齢になると利用回数が増え、排泄に時間もかかるので、それらに配慮した措置が求められます。

夜間の頻尿対策、そしてトイレが遠かったり、別の階にあることの転倒リスクを回避するためには、つぎのような方法があります。

“トイレを寝室のそばに設置する”こと。
“間取りによっては、寝室から直接行けるように出入り口を設置する”こと。

また、部屋とトイレの温度差による事故を防ぐために、暖房装置を設置することも効果的です。